Windows 10 の画面が白黒表示になってしまった原因はカラーフィルターでした

パソコン教室くりっくの授業中、Windows 10 パソコンが白黒画面になってしまいました。

シャットダウンしようとするとカラー画面になるので、コネクタの接触などの機械的な問題ではありません。

長くパソコンを使っていますが、初めて見た現象です。

授業の後で原因を調べたところ、この秋の Windows 10 Fall Creators Update で追加されたカラーフィルター(色覚障害を持つ方のための機能)によるものでした。

Windows 10 のカラーフィルター

ショートカットキー [Windows] + [Ctrl] + [C] によりカラーフィルターのオン・オフを切り替えることができるようになっています。

授業中に [Ctrl] + [C] でコピーしようとしたときに私がうっかり [Windows] キーも押していたのが原因でしょう。

原因がわかると気分がすっきりしますね。

更新情報を受け取る