Windows 10 の画面が白黒表示になってしまった原因はカラーフィルターでした

パソコン教室くりっくの授業中、Windows 10 パソコンが白黒画面になってしまいました。

シャットダウンしようとするとカラー画面になるので、コネクタの接触などの機械的な問題ではありません。

長くパソコンを使っていますが、初めて見た現象です。

授業の後で原因を調べたところ、この秋の Windows 10 Fall Creators Update で追加されたカラーフィルター(色覚障害を持つ方のための機能)によるものでした。

Windows 10 のカラーフィルター

ショートカットキー WinCtrlC によりカラーフィルターのオン・オフを切り替えることができるようになっています。

授業中に CtrlC でコピーしようとしたときに私がうっかり Win キーも押していたのが原因でしょう。

原因がわかると気分がすっきりしますね。

更新情報を受け取る

Zoom オンラインレッスンを行っています

全国どこでもご自宅・職場にいながらにして、経験・実績が豊富な講師が100%専任で対応する完全個別レッスンをご受講いただけます。
知りたいこと、わからないことなど、どんどん質問してください。その場であなたのお悩み・お困りごとの解決をお手伝いします。